炭酸ガスレーザーでほくろ除去をした後のアフターケア - キレイになおす ほくろ除去

キレイになおす ほくろ除去 > 炭酸ガスレーザーでほくろ除去をした後のアフターケア

炭酸ガスレーザーでほくろ除去をした後のアフターケア

レーザーと聞くと脱毛のイメージを思い浮かべる人も多いと思います。
レーザーの種類には脱毛に効果的なレーザーと、シミやたるみに効くレーザーなどがあります。
ほくろ除去ができる炭酸ガスレーザーはその中の一種で、メラニン色素に反応する機械を使ってほくろをひとつずつ除去していきます。

・炭酸ガスレーザーのアフターケアについて
炭酸ガスレーザーでほくろ除去をした後は皮膚の表面がくぼんでいて、赤みを帯びている状態になります。
施術してから1ヶ月~3ヶ月のあいだは、赤みが続く場合もあるので注意しましょう。
炭酸ガスレーザーでほくろ除去を行った後は、病院から処方される炎症を抑える軟膏と肌色の保護シールでアフターケアを行います。
このアフターケアを怠ってしまうと、ほくろ除去をした部分に細菌が入り込み炎症を引き起こす可能性があります。
炎症を招かないためにも軟膏をほくろがあった部分にしっかり塗って、保護シールを使ってしっかりとアフターケアを行いましょう。
洗顔をするときはほくろがあった部分をゴシゴシ擦らないようにして肌を清潔に保ち、炎症を抑える軟膏で経過を見ていく必要があります。

・紫外線予防も重要になる
アフターケアでは炎症を抑えることも大切なのですが、紫外線予防も重要となります。
炭酸ガスレーザーでほくろ除去をしたときは皮膚が薄くなって、紫外線で新たにほくろが出来やすくなります。
これを抑えるためにもアフターケアとして紫外線予防をしっかりと行い、新たにほくろが出来ないように気をつけましょう。

炭酸ガスレーザーでほくろ除去をした後、アフターケアで炎症を防いでいくのですが、かさぶたが出来るまではしっかりとアフターケアを行いましょう。
かさぶたが出来たら細菌が入り込みにくくなるので、アフターケアでは引き続き紫外線に注意しましょう。
洗顔をするときはかさぶたを取らないように優しくケアし、きれいに治るまでは紫外線予防をしっかりを行うようにしましょう。