ほくろ除去は傷が残る可能性も!?傷が残らない施術法! - キレイになおす ほくろ除去

キレイになおす ほくろ除去 > ほくろ除去は傷が残る可能性も!?傷が残らない施術法!

ほくろ除去は傷が残る可能性も!?傷が残らない施術法!

ほくろ除去を行う場合、体のほくろではなく顔のほくろ除去をするときは誰もが施術の跡が残らないようにしたいと考えるはずです。
メスを使った施術では皮膚を切開したり、縫合するときに施術した跡が残ってしまいます。
そんなときは、施術した跡が残らないように炭酸ガスレーザーでほくろ除去を行いましょう。

・炭酸ガスレーザーでほくろ除去を行う仕組み
炭酸ガスレーザーは美容整形外科や美容皮膚科などで、ほくろ除去として使われている機械です。
炭酸ガスレーザーは水分量が多い皮膚に反応するように出来ていて、通常のほくろや盛り上がったほくろを蒸発させて除去していく仕組みです。
皮膚には水分が多く含まれているため、レーザーの光を肌に照射すると熱が発生し、瞬間的にほくろを蒸発させてほくろを除去していきます。
この仕組みを利用してほくろだけでなく、イボやシミ取り、ニキビ治療などさまざまな施術が出来ます。

・炭酸ガスレーザーは短時間で集中的に照射できる
炭酸ガスレーザーは短時間でほくろを集中的に照射できるため、皮下組織を傷つけることなく施術を完了させられます。
このため、短時間の施術でもきれいにほくろ除去ができ、施術した跡が残りにくい施術法と言われています。
また、脱毛などで使うレーザーとは違い強く光を照射せず、最小限のエネルギーで照射していくため跡が残りにくいとも言われています。
さらに、炭酸ガスレーザーは殺菌作用もあるので施術後の感染を防ぎ、局部麻酔を使うことで痛みも少なく出血もほとんどない施術法です。

特に、顔のほくろ除去は傷を残したくないと考える人が多いため、レーザーによる施術を受ける人がたくさんいます。
炭酸ガスレーザーで施術を受けることで得られるメリットもたくさんあり、費用もそれほどかからないと言われています。
実際に炭酸ガスレーザーでほくろ除去を行った人は施術してよかったという人が多いので、ほくろ除去を検討している人は炭酸ガスレーザーで施術を受けることを考えてみてはいかがでしょうか。